【レゴランド・ジャパン・ホテル】 4/1プレオープン訪問ブログ(前半)

レゴランド・ジャパン・ホテルのプレオープンに宿泊してきましたので、今回はブログ形式で感想も含めて書きました。

情報まとめは、後日別途まとめますね。

 

今回は「年間パスポート限定」レゴランドホテルを12月に先行して、4月1日の初日に宿泊して来ました。

 

お値段と客室の詳細は「知っておかないと損しちゃう!?レゴランド・ホテルのルーム詳細」をご覧下さい。

レゴランドホテル前は様々なオブジェも出来上がっていて、テンションも上がらずにおれません。

フロント

11時、早速エントランスからフロントへ向かいます。

ドレスコードはそれほど高くなく、レゴランドに訪問する程度の恰好で良さそうです。

7872体のミニフィグが、キビキビしたスタッフさんが出迎えてくれます。

弟君はブーブークッションではしゃいでいます。時々、面白いセリフも言ってくるので、何度も「ブーブー」言わせてます。

荷物だけ預けようとしたところ、

「通常であれば16時以後チェックインですが、初日と言うことで、部屋の準備が出来ていますので、すぐお部屋に入れますよ。」とフロント。

これはラッキー!と、早速お願い。

気になっていた「ワークショップ」は、隣の「コンシェルジュ」で予約して欲しいと。

初回の16時を予約。対象年齢は6歳以上とのこと。

もう一つ気になっていた「ウォータープレイエリア」は、電話で問い合わせた時は16時からとのことでしたが、これも「お昼からご使用いただけます。」とのこと♪

(Gオープン後、プールは予約制になりました。)

ポーターさんが荷物を運んでくれるようですが、自分たちでキョロキョロしながら部屋に向かいます。

予約のチェック!・・・ワークショップ、ウォータープレイエリア、レストラン

 

エレベーター

フロントから左手奥の方へ進むとエレベーター。ホテル内、いくつも楽しいエリアがある中、ここは特に面白い!

ついはしゃいでしまう仕掛けがあるので、是非味わってみて下さい。

3F以上の客室の階は、ボタン下にカードでタッチしてからでなければ押せません。

部屋の鍵もタッチ式ですから、簡単です。

部屋に入ったらカードを壁のホルダーに挿して、電気を点けましょう。

客室

5Fの楽しい!廊下を通って客室へ。

Σ(゚∀゚ノ)ノキャー!!素晴らしい部屋です!!

色々な調度品が綺麗で、楽しくて、素晴らしいです!!

カーテンを開けるとレゴランドが。

部屋のランクは、最上位の「スイートクラス」では無く、真ん中のランクの「プレミアム」で、装飾がちょっと大人しい「テーマ」と比べると、ちょっと楽しい感じです。

レゴランド側に面して眺めが良い「ビュー」が付いている4人部屋。

プレミアムは部屋の装飾等が凝っている部屋で、これはスイートでも同じです。

トレジャーボックス

子供達へ用意されている謎を解いて、トレジャーボックスを開けます。謎は4つ。

鍵のレバーがちょっと堅かったので、正解してても「開かない。」と言っていたので、お父さんはちょっと気を付けてあげて下さい。

今のところ、帽子や剣等のグッズ系が多い様です。

備品

備品もそろっています。特に浴衣は驚き!

部屋着、持って来なくて良かった(^_^;)

  • デュプロ(持ち帰り不可)
  • スリッパ(持ち帰り可)
  • 浴衣(大人用、子供用)
  • 水のペットボトル×4、コーヒーバッグ×2、ココア×2、お茶テーバッグ×2、紅茶ティーバッグ、ノンカフェインスティックコーヒー、コーヒークリーム
  • ドライヤー
  • ポット
  • 冷蔵庫
  • 金庫

コンセントも海外タイプも用意されていて、ターゲットは外国人なんだろうと、改めて思いました。

浴衣も喜ぶんだろうなぁ。

バスルーム

カーテンがとても可愛い!

アメニティーも超可愛い!!

物干しはこの程度。子供の水着を干すくらいなら良さそう。大人2人を足すのは無理そう。

残念なポイントも。自分の部屋着は要らなかった(´-∀-`;)

ユニットバスになっているので、基本的にシャワーをバスタブに入って使わなくてはいけません。

お湯を貯めてしまうと、汚れたお湯も溜まってしまいます。

トイレのある側(洗い場?)はコンセントと繋がったシャワートイレもあるので、はっきり言ってシャワーを使うのはムリです。

つまり、家族でお風呂に入ることはできません。シャワーのみです。

お風呂にゆっくり漬かりたい方は、「スイート」をお勧めします。

子供は2段ベットに大興奮です。

目の前にはテレビがあり(大人の寝室にもありますが)、レゴ関係の映画が見放題(ただし垂れ流しなので、タイミングを合わせないといけませんが)。

他にもテレビの操作でホテルやレゴランドの情報が色々確認できます。

スカイライン・バー

トレジャーボックスも開け、部屋も隅々まで堪能した後は、スカイライン・バーのランチへ向かいました。

スカイライン・バーは、2つ在るホテル内のレストランの1つで、ビュッフェ形式であるブリックス・ファミリーレストランに対し、オーダー式のレストランで、お酒も各種揃えてあります。

また、「オーストラリア産アンガスビーフ、フィレ肉のポワレNinjaスタイル・煙のマジック」や『LEGOLAND Japan』内のオブザベーション・タワーをイメージした「アイスクリームサンデー オブザベーション・タワー風」など、こだわったメニューを楽しめるので、お勧めです。

 

私はアンガスビーフのサーロインステーキのランチセット、

 

 

このメニューが一番高くて、2450円なのですが、はっきり言ってめちゃめちゃお得に感じました。

残念ながらドリンクは別なのですが、デザートまで付いてきますし、お肉が柔らかくて旨味があって美味しいのです。

ホテルでこんな料理頂いたら5000円しても可笑しくありません。

嫁さんは「シーフードジェノベーゼリングイネ」(1800円)を選択。これは悪くは無いですが、これより、長男君の頼んだ「ボロネーゼパスタ」(1200円)のが腰もあってとても美味しかったのでお勧め!

弟君は「ミニLEGOバーガー」(1200円)。

LEGOポテトと普通のフライドポテトが付いていて2種類の味が楽しめるのは良いのですが、パンはLEGO型なのは良いが、パンの耳を使っていて、味もイマイチ。

そして食べ辛い!

残念ながらあまりお勧めできません。

 

 

子供たちのランチにもデザートが付いているんですよ。(メニューに書いておいて欲しかった)

チョコレートフォンデュっぽい感じ。台座のカップケーキまで美味しいです。

お勧めの席

すぐ近くに水槽のある席がお勧めです。

この水槽はシー・ライフと通じていて、良く見ると水槽の向こうに通路が見えます。

この席はゴールデン・ブリック・エクスペリエンスの特別メニューを頂く席としても選択されていましたよ。

ナイトメニュー

絶賛の2階プレイエリア

そして何といっても良いのが、隣に大きなプレイエリアがあり、子供たちが見える所で存分に遊ぶことが出来るのです!

これがまた凄く良くて、迷路の様な作りのアスレチックのゾーンと、レゴのゾーンが在って、子供達は1時間は楽しめてしまうレベル。

夫婦は2人でゆっくりコーヒーを頂くことが出来ます。

実は奥にゲームコーナーも在り、PS4のLEGO関係ゲームが楽しめるようになっています。

実は現時点では宿泊客で無くても2階まで入って利用することが出来るようになっていて、レゴランドの前後、時間調整や、食事に利用するにはとても良いスペースになっています。

しかし、良くも悪くも無料で遊べるだけに、特にゲームコーナー等、心配です。

出来たら宿泊客だけの利用にして欲しいものです。

 

ウォータープレイエリア

8:00-20:00にはプールで遊べます。GW中の情報によると、予約制の上、1時間の時間制限のシステムとのことです。

水は30℃、室温は20度以上に保たれていて、冬でも楽しめるようになっています。

お父さんお母さんは水着になる必要は無くて、そのまま更衣室を通り抜けられるようになっていますが、部屋のカードキーが無いと更衣室に入れません。

更衣室にはタオルが用意されているので、着替えだけ持って行けばOK。

深さは25cm-60cmで、奥に行くほど深くなっています。

床はクッションが効いていて、ざらついたゴムの様になっているので、かなり安全な印象。

しかもちゃんとライフセーバーさんが監視してくれているので、物凄く安心です。

楽しい仕掛けや、レゴ型のクッション(組み立て可能)、小さな滑り台もあって、幼児にはぴったりのプールになっています。

喚起が良いせいか、水から出ると寒かったのですが「改善する」とのことです。

イスの数が限られるので、混み合うとイスが確保出来ない場合もありそうです。

温かいシャワーもあるので、寒くなったら浴びましょう。

クリエイティブ・ワークショップ

16時に頼んであったクリエイティブワークショップです。

対象年齢は6歳以上。小さなお子さんは保護者付き添いでOKです。

レゴランドと違ってプログラムが度々変わるようです。

今回のテーマは名古屋名物「エビフライ」。

ご丁寧にみそダレも付けてくれます。

認定証の代わりにシールが頂けます。

こんな楽しみもレゴランド・ジャパン・ホテルの楽しみですね。

長くなってしまったので、今回は(前半)としてアップします。

【レゴランド・ジャパン・ホテル】 4/1プレオープン訪問ブログ(後半)

2018.04.14

*関連コンテンツ*

4 件のコメント

  • 情報アップありがとうございます!!内容がモリモリで、最近買ったガイドブックより満足です(^o^) 家族で行ったときに予定を組みやくすなりました。本当に感謝です。これからも楽しみにしています★

  • はじめまして。
    どの記事もわかりやすく、他にはない詳細さでとても参考になります。五月に北海道からレゴランドに行こうと思っています。気候違いがかなりあると思うので、どんな服装だといいのか、日中暑くても夜は寒いとかわかれば教えていただきたいです。

    • 有難うございます。
      初めて行く時のマニュアル記事がアップ出来ずにいてすみません。

      行列は、屋外アトラクションは屋根があるので、それほど大変ではありません。
      ニッジャゴーライブショーとファクトリーツアーは、ある程度外で並ぶと思われるので、ペットボトルは在った方が良いでしょう。

      夜になると海が近く、冷たい風が吹くので、上着を持って行くのがお勧めです。

      あと、ランチの時間を上手くこなすのがポイントになってくると思います。特にナイトテーブルのレストランは混みます。

  • コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください