【レゴランド・ジャパン・ホテル】 4/1プレオープン訪問ブログ(後半)

レゴランド・ジャパン・ホテル、プレオープン宿泊のブログです。

前半の記事では、初日のお昼前にアーリーチェックインし、スカイライン・バーでランチした後、ウォーター・プレイ・エリアで遊んだり。クリエイティブ・ワークショップに参加したところまでを紹介しました。

色々な方の来訪

そう言えばレゴランド・マレーシア・ホテルの方がフロントに来ていました。日本語喋れないみたいですから、スタッフへの指導は英語でされているんでしょうね。レゴランド・マレーシア・ホテルにもぜひ来て欲しいと言ってました。

スタッフの方もレゴランドのレゴレナさんの、しかもめちゃめちゃ優秀な方が揃われてる印象で、ホテルのクオリティーの高さを感じました。

他にも色々な方々がいらっしゃってました。

バディくん

4/2にエントランスに来ていました。

 

ゴードン・ゾラ

4/1の夜。レストランに登場。大人しい印象の方。

 

③中京テレビ

色々と撮ってました。4/15の浅野番組とか。「前略、大徳さん」でしょうか!?放送が楽しみです。

 

ディナー:ブリックス・ファミリーレストラン

【Morning】
営業時間: 7:00~10:30、料金:おとな2,400円、お子さま1,200円

【Dinner】
営業時間:17:30~21:00、料金:おとな4,000円、お子さま2,000円
 ※3歳未満のこどもは無料。 
 ※ホテルご宿泊のお客様には朝食がついています。

16時からのクリエイティブ・ワークショップの後はディナーです。

ランチでスカイライン・バーで食事したので、夜はこちらのレストラン。

 

最初、席の予約でもしようかと思ったのですが、300席以上あるので、不要でしょうと言われました。確かに予約しなくて大丈夫でした。

でも、GWくらい混んだ時はスカイライン・バーで食事されるなら、予約した方が良さそうです。

テーブルにはこのマークが1枚置いてありますから、食事中は緑、食事が終わったら赤い側にしましょう。

ビュッフェ形式ですが、その場で料理してくれるメニューも在ります。朝と夜ではメニューも違っていて、夜のその場メニューは「ステーキ」でした。

さすがにお昼のアンガスビーフサーロイン程ではありませんでした。何度もお代わり出来てしまいますしね。

「きしめん」「味噌カツ」「手羽先」等、名古屋名物の目白押しです。

私のレゴランドお気に入りメニューの「カレー」も、「大人用」と「こども用」が用意されていて、子供用は低いテーブルに並べられています。やっぱり美味しい。

大人4000円は結構なお値段ですが、このメニューが食べられる食べ放題なら悪くないと思ったお勧めメニューの1押しがこちらの「ひつまぶし」

薬味や出汁が在って、この出汁がめちゃめちゃ美味しかったです。

残念ながら鰻はお釜の半分程度しか乗っていないので、直ぐ無くなってしまいます。

鰻に出会えたらラッキーと思った方が良いです。

ドリンクも各種揃っています。お酒は、コーナーが在ったので、いずれオーダー出来るようになるのかも。

 

寝室

夜は遅くなってしまったので、部屋に戻ってしきりに子供が観たいと訴えていたレゴ・ムービーを観ることに。

ちょうどレゴ・バットマンが終わったところだったので、レゴ・ニンジャゴー・ザ・ムービーを観ることができました。

映画館で観なかったので、初めてだったのですが、毎回レゴの映画はストーリーが良いですね。

映画も終わって就寝なのですが、1つ気になる事が。

当然、弟君が下の段に寝るべきなのですが、柵(ベッドガード)が無いんですよね…。

残念ながら寝相の良くない弟君、朝までに2回もベッドから落ちました(*´Д`)

幸いクッションを直ぐ下に敷き詰めておいたので、特に問題は無かったようです。

ベッドガードは、現時点では無いそうなので、早く用意して欲しいですね。

 

朝食:ブリックス・ファミリーレストラン

朝はおかゆ等、ちょっと優しい味のメニューがメインになるのです。

その場メニュー(何か別な呼び方が在りそうなのですが)はオムレツです。

ベーコンなんか、とても美味しかったです。

おにぎりやシリアル等もあります。

 

特にフォーは目玉メニューで、名古屋コーチンの出汁でスープが作られています。

極旨!お代わり必至です!

本場の味を求める方はレモンやパクチー、唐辛子等もトッピングして下さい。

テラス&プレイエリア

レストランの窓側は、テラスに繋がっています。

せっかくの気持ち良い朝ですから、外で食べると気持ち良いです。ただ、出口が料理の置いてあるスペースから遠いので、食後のデザートや食後のコーヒーの時に出ると良さそう。

そしてここにもプレイエリアがありますから、子供を遊ばせながらゆっくりコーヒーを頂くことも可能です。

食事の後は、再度ウォータープレイエリアやエントランスのプレイエリアを堪能。

ショップ

1階のショップでは1周年記念のッグッズやレゴランド・ジャパン・ホテルのオリジナルグッズが販売されています。

ショップ前の自販機ではメダルが3種、1個200円販売。平たくなくて、ちょっと反っていて良い感じです。

4/28のグランドオープン後は以下のグッズが発売になりました。

 

シー・ライフの申し込み

今のホテル利用者限定で、シー・ライフを500円で試すことができました。

チェックアウト前にコンシェルジュで申し込み。

シー・ライフは別の記事にします。

 

デイリー・モデル・コンペティション

プレイエリアでテーマに沿ったレゴを作って6じ までにフロントにもって行くと、「ベストレゴモデル」が選ばれるそうです。せっかく作るのならチャレンジしましょう。トルソーなんかも転がっているんですよ。

壁画立体に見えて楽しい

スタッフさんにも言われたのです「一見、立体に見えるけど、平面なんですよ。」

下の写真はどれも平面なんです。長男君も騙されて「何で電話ボックスがレストランの真ん中にあるのかと思った。」って言ってました。

 

 

見取り図

最後にホテル1Fの見取り図を掲載しておきます。

 

チェックアウト

今回はレストラン等、ホテル内での支払いは全て部屋に付けて貰ったので、事前に支払ってあった宿泊費以外は、このタイミングで支払いました。

でも、iD等使えるので、都度支払っても簡単ですね。

支払いに使える電子マネー等はレゴランドと同じです。

レゴランド・ジャパン・ホテルに泊まった主な費用・感想

(4人部屋)

宿泊代
アドベンチャー・プウレミアム・ビュー
38,000円

1日目昼食代
スカイライン・バー

7,450円
1日目夕食
ブリックス・ファミリー・レストラン
12,000円
 合 計 57,450円

この他にお土産くらいで、特に出費はありませんでした。

レゴランドは通常料金が高い高い言われてますが、レゴランドホテルは子供家族でまる1日楽しめてしまうくらいの要素が詰め込まれていて、結構お得に感じます。

各テーマの部屋はレゴの世界に浸り込めてしまう上、トレジャーボックスや2段ベッド、子供専用のTVにレゴ見放題。

ホテルのあちこににプレイエリアが在って、小さな子供はいつまでも楽しそうに。大きな子供はPS4のレゴゲーム。

個人的にはスカイライン・バーのステーキや、ブリックス・ファミリーレストランのひつまぶしや名古屋コーチンフォー等の料理が美味しかったのもポイント高いです。

スタッフさんもレベル高いし、かなりの満足度でした。

この値段は決して高くない!

 

改善して欲しいポイント

  • プレイエリアに誰でも入れてしまう

 良いサービスと言えなくも無いのですが、PS4まで置いてあり、やり放題となればその内、毎日通うようなご近所のお子さんも来そうで。それに、ホテルを利用せず、只だからと利用するような方のお子さんだと、ちょっと場が荒れそうな気がして・・・。

  • 2段ベッドのベッドガード

2段ベッドの下の段にベッドガードを必要とされる方が多いように思います。実はクイーンサイズのベッドにはベッドガードが、数は少ないながら在ったそうですが、現時点では2段ベッド用ベッドガードが無いそうです。早急に用意して欲しいものです。

  • トレジャーボックスの開放が堅かった

数字が合っていたのに新4年生の長男君が開けられず、何度もクイズをやり直しておりました。まあ、部屋にもよるかも知れません。他の子供は問題無かったようにも聞きます。

  • 部屋に加湿器

やはり例に漏れず、レゴランドホテルもかなり乾燥します。加湿器が在ったら良かったと思いました。

 

ご質問等あれば、またコメント欄でお尋ね下さい。

【レゴランド・ジャパン・ホテル】 4/1プレオープン訪問ブログ(前半)

2018.04.07

*関連コンテンツ*

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください